トップへ戻る

横浜市戸塚斎場|料金・予約・地図・宿泊等・・・横浜市戸塚斎場の総合案内と詳細情報

横浜市戸塚斎場|料金・予約・地図・宿泊等

横浜市戸塚斎場の概要

横浜市戸塚斎場横浜戸塚斎場横浜市営戸塚斎場)は横浜市内に火葬場を併設している5つの総合斎場の一つ(葬儀場・火葬場)です。

横浜戸塚斎場ロビー

横浜市戸塚斎場での葬儀依頼・相談は斎場葬儀相談センター

特徴

  • 戸塚斎場は通夜・告別式・火葬・精進落とし(初七日)まで一ヶ所で行えます(安置は葬儀業者に相談が必要)。
  • 出棺から火葬場への移動費用(霊柩車やマイクロバス等)が不要なだけでなく高齢者や足の不自由な方も安心して参列できます。
  • 公営斎場であるため戸塚区の方など横浜市民は非常に安く利用することができます。
  • 火葬式(直葬)・家族葬・密葬・一日葬、中規模な一般葬や大規模な社葬などまで対応しています。
  • 葬祭ホール(葬儀式場)は一階と二階の二部屋に分かれており、参列者が混乱することがありません(お清め所も各階ロビーに分かれています)。
  • 周辺は閑静な住宅街で道を挟んだ一角が小山のように緑に囲まれ落ち着いた雰囲気です。
  • 建物は薄いレンガ風のモダンな建築物で非常に綺麗です(建物前の駐車場も地面がレンガ風になっている)。
  • 内装もホテルのように綺麗なうえに手入れが行き届いていて衛生的です。
  • 葬儀式場内も天井が間接照明で壁も美しく暖かみがあります。
  • 宗教宗派を問わず利用できます。

▲トップへ戻る

料金・予約・アクセス・安置・規模・供花・駐車場等の概要

斎場種類

人数規模

料金

公営斎場 70席 横浜市民5万円、市民以外7.5万円

式場数

駐車場

宿泊

2室 30台

安置

最寄りの火葬場

  • 敷地内に併設

アクセス 地図

  • 横浜市営地下鉄ブルーライン踊場駅(0.8km徒歩10分)・中田駅(1.1km徒歩14分)・戸塚駅(1.8km)
  • JR湘南新宿ライン戸塚駅(1.9km)

予約方法

 

  • 供花の依頼 供花の窓口

その他

ーーー

所在地:神奈川県横浜市戸塚区鳥が丘10番地5

 

▲トップへ戻る

斎場内部

葬祭ホール(葬儀場)

横浜戸塚斎場葬祭ホール(葬儀場)

火葬炉前ホール

横浜戸塚斎場火葬炉前


休憩室

横浜戸塚斎場休憩室

告別ホール

横浜戸塚斎場告別ホール


 

▲トップへ戻る

ご利用ガイド・留意点

葬儀の施行
  • 横浜戸塚斎場は葬儀の手配等は行いませんのでご自身で葬儀社等に手配を依頼する必要があります。
  • 式場(葬祭ホール・葬儀場)は1階と2階にあります。
  • 1階式場・2階式場とも70席でそれぞれ椅子席になっています。
  • お清め所はそれぞれの式場のロビーで行います。
  • 受付・会計・返礼はそれぞれの式場前のロビーで行えます(駐車場などでのテントの設営はできません)。
  • 控室はそれぞれ6畳と3畳の和室が2部屋あります。
  • それぞれの会葬規模は10〜150名程度に適しています。
  • 生花は40基程度までは十分に備えることができます。
  • 駐車場は30台程度であり2式場とも利用時や火葬がある場合は余裕がありませんので電車(及びバス)での案内が望ましいです。
横浜市戸塚斎場のご予約供花の注文
火葬について
  • 料金は10歳以上が12,000円(横浜市民以外50,000円)、10歳未満が8,000円(市民以外34,000円)、死胎児が2,400円(市民以外10,000円)です。
  • 待合室の使用料金は40人用が5,000円(市民以外7,500円)、20人用が2,500円(市民以外3,750円)です。
その他
  • 1階と2階を同時に利用することはできません。
  • 葬祭ホール(葬儀場・式場)のみの利用はできませんので火葬は横浜南斎場で行うことになります。
  • 通夜と告別式をそれぞれ個別に行うことはできません。
  • 通夜は15時〜21時まで、告別式は14時までが利用可能です。
  • 通夜(1階ホール18〜19時、2階斎場19〜20時)、告別式(1階ホール10〜11時、2階ホール11〜12時)で執り行われます。
  • 休館は元旦〜1月2日及び友引日ですが、他の横浜市公営斎場が全て休館の場合は運営しています。
  • 寝具の貸し出しはないため葬儀社に相談しておく必要があります。

▲トップへ戻る

 

横浜市戸塚斎場と近隣環境

 

▲トップへ戻る

横浜市戸塚斎場への地図

 

▲トップへ戻る

横浜市戸塚斎場の利用が多い地域・傾向

横浜市内からは戸塚区・南区・保土ヶ谷区・港南区・旭区・栄区・泉区からのご利用が多いと言えます。また、鎌倉市や藤沢市からの利用もあります。

▲トップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ